2017年10月11日

診療放射線技師の仕事Ⅱ

Filed under: スタッフ日誌 — yanari2 @ 11:26 AM
PastedGraphic-1.png PastedGraphic-2.png

こんにちは。

診療放射線技師の矢成です。

今回は前回に引き続き放射線技師の仕事について第二弾です!

前回はCT検査を用いて3D画像を作成する『3DCT』、今回は『3DCTA』を紹介していきます!

『3DCTA』とは?

3D→3D画像 CT→CT検査 A→Angiography の略語です!

Angiographyとは血管撮影という意味です。

それでは画像を見てみましょう!

このように造影剤という薬を体内へ入れて撮影することにより、普通の撮影では描出できなかった血管を描出することができます!そして、このような3D画像を作成し、Dr.へ提供し、手術が始まります!

『3DCTA』で血管を360°方向から見ることにより、血管の出血部位、血栓、動脈瘤などを的確にアプローチすることができます!

なんとなく放射線って悪いイメージがあると思いますが、今の医療では必要不可欠なのです。

我々、放射線技師はみなさんの命を救う為にこのような仕事もしております٩( ᐛ )و

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2009 やすなが整形外科. All Rights Reserved.
Powered By INA